FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告


2013/07/28 (Sun) ドイツ・フランス Report 2 ~ドイツ編~

ドイツ・フランス Report1 に続きまして、Report2 ドイツ編です!

ついに・・・
ついにドイツ、到着ーーーーーーっ(*≧∀≦*)
DSC04810.jpg
フランクフルト!!

天気は晴れ。異常気象と言えるほどの猛暑です!
大きな荷物を運ぶので、大量の汗が吹き出ます(´Д`;)

なんでもない場所を撮っても、なんだかオシャレ。
昔からある古典的な装飾を施されている建造物と近代の高層ビルが混在している光景は、パリとはやはり違いますね。

フランクフルトに来たからには、やはりアレを食さなければ…!

DSC04805.jpg

フランクフルト(カレー味)!!

・・・
細かくカットされてる!?

てっきり、太くて長い立派な1本のソーセージをドドーンと渡されるのかと思っていましたが。
他のお店を見ても、こんな感じでカットされてました。
本場はこうなのか…確かに食べやすいですが。いろんな意味で期待を裏切ってくれました!
ソースを数種類の中からチョイスできて、お味は普通にウマし!です( ゚v^ )

ドイツではクラウスという方(同行者の ちひろさんの紹介)のお宅に1週間お泊まりさせて頂くことになりました。
普通に働いている方なので、合流できるおは夕方頃。
早朝到着した私たちは大量の荷物をロッカーに預けてプラプラ徒歩で市内観光することにしました。

ロッカーの鍵
DSC04790.jpg
ハリーポッターに出てきそうな、複雑な形をした鍵。
日本では見ない形で面白~い(*^^*)

ロッカーがまた珍しいしシステムで、普通の箱型だけではなく有人ロッカーもありました。
受付カウンターの横にベルトコンベアが設置されてて(ちょうど空港のチェックインカウンターみたい)、お金を払って奥の広い荷物置き場に置かせてもらうというシステムです。
これは大きさ重量関係なく、ひとつ7€というお高い価格。

あまりに高価なので、一人ひとまとめで7€?と質問したら「ありえない」という表情で鼻で笑われちゃいました。
殺人級に重いキャリーバックだけ預けて、筒や小さめのバッグは持ち歩くことに( ̄▽ ̄)

さて、身が軽くなったところで早速市内探索♪
まずは本屋さんへ。
私がここで真っ先に探すものといえば、そう。

DSC04797.jpg

MANGA!
やっぱりありました!
ここでも日本の漫画は大人気のようです^^
日本人として嬉しい限りですね~

有名な作品はもちろん、マニアックな作品も揃ってて面白かったです。
ドイツでもBL漫画が普及してました。日本発信で世界中に広がっております!

外国の本屋さんのディスプレイは、トリッキーな置き方でお客さんの目を楽しませて?います。
DSC04802.jpg
ドドーーン
数十冊使って本をうねらせて龍みたいなオブジェにしてみたり、日本ではお目にかかれない置き方をしています。
今まで中国、フランス、ドイツで見たってことは、もしかして海外ではこれが普通なんでしょうか?
いやいや、決め付けるのは早いですかね(^_^;)

おおっとー これは…!
DSC04993.jpg
100円均一(1€ショップ)ではありませんか!
フランスでは一つも見たことがないのですが、ドイツにはあるんですね~。
売っている製品の品数はまだまだですが、日本と同じくらいのクオリティーでした。

あらまあ
DSC04818.jpg
子供も沢山いる大通りに、堂々とこんなお店も(笑)

炎天下で歩き疲れたのでアイスコーヒーでも飲もうとカフェを覗くと、メニューにはホットコーヒーしかない!
冷たいのはジュースだけってどういうことー!?
と、アイスコーヒーを探し歩いたら結局スタバで見つけました。

もしかしてドイツはアイスコーヒーを飲まない文化?と思ったら、後日ドイツ人談でアイスコーヒーはアイスクリーム屋さんに売っていると聞きました。
そりゃあ見つからないわけですわ~

あっという間に時間は過ぎて、クラウスと集合する駅に移動。
電車の出発が遅れて、待たせてしまいました(>_<)
が、とても優しく温かく迎えてくれました! ダンケシェーン!

バスに乗って、4人でおうちへ。
DSC05037.jpg
はぅあ~、いい感じのド田舎ですよ~
都会はどの国も同じようなもの。田舎だからこそ色濃い文化や生活を堪能できるってもんです^^

到着!
DSC04982.jpg
ゆるくて長い坂を登った所にあるので、もう皆バテバテ。
それもそのはず、尋常じゃない量の荷物を炎天下の中運んだのですから(´Д`;)

そして私の一番やばいヤツをクラウスに持ってもらったので彼も汗だく。(しかも長袖スーツ姿)
初対面のちっさい日本人からの、この仕打ち。どんだけよ。

先が思いやられるぜ…きっとクラウスは心の中でそう呟いたに違いありません。
いや~助かりました! ボロボロにさせちゃったけど\(^^)/

裏庭を見ると…
DSC04853.jpg
日本の国旗が掲げられているれはありませんか!!
もしかして、すごい歓迎されてる?
ていうか国旗て! ハンパないよクラウス。日本人には思いつかない表現だよ!

中に入ると、大量のビールと炭酸水が用意されていました。
しかもこれ、自分は好んで飲まないものだから、私たちで全て消費してもらわないとむしろ困る、と・・・
ギャーッ ま じ で す か !!

んじゃ、遠慮なく。
DSC04849.jpg
ドイツビール、頂きまーす♪

さすが、美味しい~
種類がとても豊富で、妊婦用にノンアルコール、女性向けに甘い…など味がびっくりするほど大きく違い、初めて感じた味もありました。

私はあまりアルコールに通じてないので素人発言かもしれませんが、日本のビールも捨てたもんじゃないと思います。
ドイツと張れるくらい美味しいの作ってるよ、日本!

人と親睦を深めるにはゲームが効果的だというクラウスの持論で、沢山のボードゲームやカードゲームが用意されていました。
びっくりなのが離れにビリヤードと本格的なサッカーボードゲーム(大人が立って全身動かして遊べるくらい大型)まで置いてあったこと。

ずいぶん前に購入したって…交流の手段っていうより、絶対自分が好きだから揃えたんでしょ!
宿泊している間、白熱するほど遊びました。
めっちゃ面白い!!
ていうか、クラウスめっちゃ強い(笑)
おかげで仲良くなれたと思います^^

テラスでバーベキュー。
DSC05150.jpg
↑雨の中、傘を開いてひたすら肉当番をするトーマス
手前のガラス戸に締め出されてるみたいな格好が、なんだかカワイイです(´▽`)

クラウスの友人のウラさんが私達の相手をしてくれるということで、一緒に色々連れて行ってもらいました。
新築の教会
DSC04859.jpg
猫耳!(ちがう)

ウラさんの素敵すぎるお宅でお茶会。
DSC04921.jpg
なんと手作りのケーキが3種類も!
このテーブルに置かれたお花の飾り方といい、何もかもがセンス良すぎです(*≧∀≦*)

シーゲンという町にお泊まりさせて頂いているので、もっとこの場所を知るためにシーゲン博物館に連れて行ってもらいました。
DSC04901.jpg
こちらは昔の結婚式の衣装だそうです。
黒い!

お昼ご飯で中国料理バイキングに行きました。
DSC05103.jpg

どこが中国?( ̄▽ ̄)
寿司にキムチにカレー…アジア料理全般を取り扱っている感じでした。
もう、アジアといえばチャイナなんですかね。でっかいな中国!

小高い山の頂上にある古城で花嫁を発見^^
DSC05066.jpg
ドイツは古城が有名ですが、お城で結婚式を挙げるなんて女性の夢ですね。

道の真ん中に突如見慣れないボックスが。
DSC05095.jpg
中には洋服がかけられているのですが、なんとタダで持って帰れるそうです!
市民がいらなくなった服を置いていて、お金に困っている人たちが利用するのだとか。
無人無料配布の古着とか目からウロコです!

またまたクラウスの友人宅へ。
DSC05027.jpg
ドイツの家庭料理を振舞ってもらいました。
それにしても、どのご家庭もデザートまで手作り! 大きなオーブンが設備されてるのが基本だから作りやすい環境なのかな?

そしてテーブルに飾るお花もさりげなくて素敵^^
DSC05024.jpg
花屋で買ってきたものではなく、庭や道端に咲いてそうな野花などを飾っていました。
自分の家で真似しよ~っと!

毎日が新鮮で楽しくて、ドイツでの生活はあっという間に終りを迎えることになりました。
大変お世話になったクラウスへ似顔絵のプレゼント!
DSC05145.jpg
類は友を呼ぶといいますが、優しい人の周りには、やはりいい人が集まるんですね~
ドイツで紹介してもらった人々皆、私達にとても良くしてくれました^^ 彼の人徳のおかげです。
本当にお世話になりました!ダンケシェーン(≧▽≦)

次はいよいよフランス!!

海外レポ


<<ドイツ・フランス Report 3 ~フランス JapanExpo編~ | TOP | ドイツ・フランス Report 1 ~出発編~>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。